雇用均等室
子育てにやさしい企業を認定しています!

 

 次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境整備を進めるため、平成15年7月「次世代

育成支援対策推進法」が成立し、平成17年4月に全面施行されました。
 この法律に基づき(以下「次世代法」という)事業主は、従業員が仕事と子育てを両立させることができる

よう雇用環境を整備し、次世代育成支援対策を実施するための「一般事業主行動計画」を策定し、策定し

た旨を都道府県労働局長に届け出る(労働者が101人以上企業は義務。100人以下企業は努力義務。)

こととされています。

 

 また、策定した行動計画を実施し、計画に定めた目標を達成したなど一定の要件を満たす場合は、申請

を行うことにより都道府県労働局長の認定を受けることができます。

 

 認定マーク

 

 次世代認定マーク「くるみん」  

 

  認定を受けた事業主のみが、認定マーク「くるみん」を広告、商品等につけることができます。「くるみん

を表示することにより次世代育成支援対策に取組んでいる企業であることが広く周知され、企業等のイメ

ジがアップします。
 また、認定をうけ、「くるみん」を取得した事業主に対する税制優遇制度(建物等の割増償却制度)が創

されました。
 ぜひ認定を目指した取組を進めてください!

 

千葉県内の「くるみん」認定企業数

認定決定企業数

51

公表企業数

50

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(平成28年3月31日現在)

 
 

 ◆  認定基準  ◆

 

  1. 雇用環境の整備について、行動計画策定指針に照らし、適切な行動計画を策定したこと。
  2. 行動計画の策定期間が、2年以上5年以下であること。
  3. 策定した行動計画を実施し、それに定めた目標を達成したこと。
  4. 策定・変更した一般事業主行動計画について、公表及び従業員へ
    の周知を適切に行っていること。
  5. 計画期間内に男性の育児休業取得者がいること。
  6. 計画期間内の女性の育児休業取得率が75%以上であること。
    (※ 5,6については常時雇用する労働者数が300人以下の企業数等の場合、特例があります。)
  7. 3歳から小学校に入学するまでの子を持つ労働者を対象とする「育児休業の制度または勤務時間
    の短縮等の措置に準ずる措置」を講じていること。
  8. 次の(1)から(3)のいずれかを実施していること。
    (1)所定外労働の削減のための措置
    (2)年次有給休暇の取得の促進のための措置
    (3)その他働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備のための措置
  9. 法令及び法に基づく命令その他関係法令に違反する重大な事実がないこと。 

 

 

関連ページ

行動計画の策定・くるみんマーク認定に関するパンフレット (PDF) 

 

次世代法の認定を受けた事業主に対する税制優遇制度のご案内 (PDF)

 

千葉県内の「くるみん」認定企業一覧 

このページのトップに戻る

無題1.png無題2.gif厚労省人事労務マガジン心の耳ジョブ・カード労災保険指定医療機関名簿 アスベスト(石綿)情報 

kyuujin2014718.bmp kyouikukunrenkyuuhu.gif2015jyoseikinbaner.pngkikaku-6.png障害者雇用に係る税制上の優遇措置東日本大震災関連情報

千葉労働局 〒260-8612 千葉市中央区中央4丁目11番1号 千葉第2地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Chiba Labor Bureau.All rights reserved.